きままにくろねこ

20代女子の「ずっと覚えていたいこと」を綴るたのしいブログ!

〈FM長野・古川雄大〉 「明日はSUNDAY」'20.1.4ラジオ視聴録 

2020年1月4日 19:00~19:30今年最初の放送

「明日はSUNDAY」

古川雄大さんのラジオ聞き取り備忘録。

 

「」:本人の言葉原文ママ

"":本人の言葉 だいたいのニュアンス

地の文:私の感想と補足

 

 

あけましておめでとうございます。

「新年明けましたね!

終わりがあれば始まりがある。始まりがあれば終わりがある。何か良いですね」

 

「一回目の内容によって1年の流れが決まるんでこの1回目はかなりのプレッシャーですよ。

楽しんで話しましょうね。

こんなんじゃ笑えないですよね。気張って話してもね。

相変わらずラフに、時に真面目にやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。」

 

 

おたより

おたよりの内容:
ミニアルバム毎日聞いてます。
特にsignalとかリピートしている。
ゆうたくんの曲は聞くと頭の中で映像化される

その時の自分の気持ちを思い出して涙が出てきたりすることもある

 

 

「心が温まる系がこの方はもしかしたら好きなのかも知れませんね」

 

“僕のモットーとして元気が出るオチを大事にしている。

 

自分で情景を想像して、比喩で伝えたいけど、その比喩をまず映像化して、
比喩をドラマ化して、そのドラマが伝わるように歌詞を作っている

アイヲステテなど。”

 

「情景が浮かぶんですよねって言われると嬉しいし、意図したものが伝わっているなって」

 

“歌詞って難しい
舞台でもとらえ方が違って、あんなにわかりやすく演出つけているのに
みんなで2ヶ月かけて作っても伝わるものが違うというか

一つのことを狙っていても伝わるものが違うっていうのは、いいことでもあるんですが、
歌はとくにそれが強いのかな、と。”

 

 

「ストレートすぎず詩的すぎず、中間を狙いながら、どう皆に自分の狙い伝えるか、というのは凄く毎回不安になるところではあるので、

こうやってね、情景が浮かんでくれるっていうと、

あぁ自分の、なんか・・・・・・意図していることが少し伝わっているのかもしれないと

嬉しい気持ちになりました。

色々な捉え方をしてもらえるのが曲の良さだと思うので、

これからも沢山きいて、

いっぱい聞いて色々なとらえ方をしてもらえると嬉しいと思います」

 

 

 

えんたーていめんとーく

おたよりの内容:

観劇はゆうたくんからパワーを貰って、ライブではお互いにパワーを送り合い一緒に作る時間だなあとつくづく思う。

ライブで曲の説明を聞けて曲の思い入れが感じられてうれしい。
ミニアルバムはMC通り2000回聞くべく毎日通勤中に聞いている。

最初のお気に入りはlove songだったけど今ではbabyがお気に入り。

 

「ライブで何回聞けばいいですかって聞かれた時に、100回200回じゃなく2000回きいてくださいっていったのを、この人はね、僕の願いを叶えてくださっているっということで、

全部30分ってことで、2・3が6、60000時間?違うかw

60000分?60000分って何時間?」

佐「1000時間じゃないですか?」
「1000時間!1000時間って何日よ?」

「「40日」」

「一ヶ月流しっぱなし、てかもうむしろあの・・・嫌いになっちゃうよね、もうぅ聞きたくないみたいになりますよね」
「だから2000回ちょっと言い過ぎたかもしれないんですけど、やっぱね、たとえばその、一年間かけて2000時間」

佐「2000時間だとやばいですね」

「2000回、だったらね、まあ達成できるかもしれないので、それくらい聞いてくださいね皆さんもね、はい」

 

「で、Love song、そうですよね、これはリードの曲なんであのー気に入っていただいたのは良いんですけどね、babyをね以外と気に入ってくれる人多いんですよね。僕の周り・・・ていうかおかんね。

おかんもねーアルバム聴かせて開口一番にbaby好きっていって。だろ?ってみんなにいいたい」

 

「割と皆さーランキングつけるじゃない、勝手にね、割とこれ低かったでしょ。骨組み段階だと低かったじゃん。完成してから『おおー化けたね』ってみんな言ってくるけど、いや俺化けるって知ってたしって。この曲いやそもそも化けてないんだ。俺の中ではbabyは完成されてたから」

佐「なるほど?」

「やっぱりそのちゃんと音になってないと伝わんないみたいなあんじゃん。俺の頭ん中のは言葉じゃ伝わらない。だから言葉は邪魔なんです」

 

「ただその手をぎゅっと握りしめていれば良い。もうまさに『飲みに行かないか』のことですよ。言葉がどれだけ邪魔しているか。」

 

“babyは1回作りかけてふわっと消えた曲。だから一番古いものではある。


「俺の心の中ではずっとともってたけどね、ええ」

 

 

babyはスペシャル版にしか入ってないけど完売した。

「かなしい・・・」

佐「いや、またいろんな手段で聴けるようになるでしょう」

「あ、ほんとですか」

 

 

パワーを送りあう。


「大阪でも強く感じたけど名古屋で強く感じたというか。
やっぱりその、名古屋の今までのそのライブの経験上、その・・・盛り上がりがそんなに高くなかったってイメージだったんですよ名古屋って。

 だから『よし気合い入れて』・・・そのー・・・なんて言うんでしょうかね、もちろん全部のライブ気合い入れますけど、しょっぱなからドンと行くテンションでいかなきゃダメだなと思ってぱっと出て行ったら、それを上回るテンションでお客さんが来てくれて、結構びっくりして思わずそれを冒頭のMCで言っちゃったっというかね。」

 

「『こんなパワーもらったのはじめてです』って。それを、まず今からパワーを与える人が、開口一番に言うことじゃないじゃないですか。思わず言っちゃったというか、だからそれだけなんかエネルギーをいただいたのでこの『パワーを送り合う』というのはまさに僕も強く感じて、ま、僕のライブはそれが良いことなのかなと思って。」

 

「絶対ツアーやるので楽しみに、して、いて、ください」

 

おたよりの内容:

ライブ、シャイな私がフー!とか言っちゃった
それが出来たのは隣の人がすごく楽しそうだったから

この方のおかげで一緒に声を出せた。

最初は無言だったのに終わった後は楽しく話しながら帰った。
めっちゃ喋ったけど名前聞くの忘れてしまった。

 


「なぁにこの新年一発目にふさわしい。やーいいですね、シャイなわたしがこの方のおかげで、ただ、今も尚、名前を知らない・・・」

 

名前も聞けないけど、ライブの時はもう親友みたいになってる。

「なにこのすてきなメッセージ」
その方もきっと聞いてくださっていると思う。

 

「あーーいいね、素敵ですねこういうメッセージ。」
「今度会ったら『あ』ってなるかもね」

 

「あ、もしライブあったら隣で見ませんか、みたいにね、そういうところから距離を縮めてって、ゆくゆくは家族ぐるみのつきあい(笑)、そうなってくれたらいいですよね。僕のライブとしては、こういう友情が生まれるみたいのはね素敵ですよね」

 

 

エンディング

 おたよりの内容:

仕事はバス通勤だけどタイミングによっては歩いて帰る。

そのときバスと自分どっちが早いか勝手に競争している。

ゆうたくんも自分でなにか勝負することある?

 

「うん。勝負することね、なんだろうねー、んー・・・意味の無いことってやっちゃいますね。んー・・・なんだろ、例えば・・・1分息止めようとか。たまにね、思いついたようにね、やるんですよ、っでね、俺2分とめれたことある。凄くないですか?

 

佐「長いですね」

「2分ですよ。ラーメン、まあ、ギリ食えるかんじ」

 

 

“なんか無駄にこういうのやっちゃう。

帰りの時間を楽しくしたいから勝負つけて、そうするといつの間にか着いてる。っていいね”

 

「僕は辛いことに挑むとかよし気合いいれるぞっみたいな瞬間って『おわりのとき』を考えるというか、なんか自分の最近のモットーとしては、おわればはじまるんだ、あーちゃう、始まれば終わるんだ、みたいな、ハハ。ことをちょっと思うようにして乗り越えるというか、あ、もう、始まったらもう始まる?んだ、そして始まったら終わるんだ。という必ず終わりがあるんだ、をモットーとしています」

 

佐「なるほど、深いですね」

 

「なんかもー・・・悲しいっちゃ悲しいんですけど。人生って始まれば終わるじゃないですか、それをすごくコンパクトにしているというか。それは儚いなって思うけど、だからこそ頑張ろうって思える」

 


「息止めてて「はぁ…はぁ…」一人でやってんですよ」

佐「どんなシチュエーションですか」

「ストップウォッチぱって出して、1分息止めれんのかなってと思って。50秒あたりから身体揺らして、1分で「はぁーはぁー」みたいなね」

 

「何やってんだろうって思いますけどね、終わったときに。ただ2分止めれた時はなんかね、優勝した気分になった。何かに優勝した気分。俺、2分止めれるんだと。なんか、なんもないよ、2分だったらザラにいますよ、水泳やってる人とかだったら。tだ、家でソファで一人でやったときに、『あぁ優勝したぁ』みたいなきぶんになって、そんときは流石に嬉しかったですね。」

 

“日によってぶれがあるんですよね、2分余裕で止められる時もあれば1分ぎりぎりのときもある。だからなんか違うこと考えるといいんですよ”

「なんのアドバイスしてんだww」

 

「みなさんもぜひやってみてください。」

 

「こんなことどうでもいいんで次のメッセージいってみたいと思います」

 

おたよりの内容:

私は古川さんのファンですが、家族がハマってくれないのを残念に思い車や自宅で古川さんのCDをかけまくっていたけど、その成果が出たようで、

今日息子が帰ってきた時に「今日学校で気がついたらSUNDAY歌ってしまったやん」と言っていました。

そんな感じで家族の影響でハマったアーティストある?

 


「ある種洗脳ですよねこれは」

 

“姉がスピッツの大ファン 車のなかでずっとかかってる。そうすると自然と覚えちゃう。
自分のマイベストスピッツとかつくる
「僕のマイベストはねこになりたい」

 

洗脳と気づかない洗脳、
嫌いな奴って口ずさまないから、

思わず口ずさむということ意外と好きだということなので、

今度はライブ会場で一緒に歌えるのを楽しみにしています。”

 

 

 

 私も初回盤買い逃したのでbabyデジタル配信ホシイ・・・

 

2020年1月4日 19:00~

http://古川 雄大「あしたはSUNDAY」 | FM長野 | 2020/01/04/土 19:00-19:30 http://radiko.jp/share/?sid=FMN&t=20200104190000

 

 

先週 

www.kimama-kuroneko.com

 

次週

 

www.kimama-kuroneko.com

 

if (! document.URL.match("/archive")) { [].forEach.call(document.querySelectorAll('.entry-thumb'), function(n) { let img = n.style.backgroundImage; img = img.substring(4, img.length - 1).replace(/"/g, ''); n.style.backgroundImage = 'url(' + img.split('/').pop().replace('%3A', ':').replace(/%2F/g, '/') + ')'; }); }